どうなる?関根義光がマンション傾斜問題の三井不動産レジデンシャル、旭化成建材を検証する


  • 飯能市役所を陣取り場所としている人がいる。職員ではないか
  • 旭化成建材社長「データ改ざんのくいは70本」

関根義光について、口コミや評判

  • ネットビジネスから上海上場までのストーリーが人気!


関根義光 公式


関根義光にマンション偽装の問題を聞くのもどうかと思いますが、メディアであれだけ話題になったのに今は豊洲の利権問題ばかり。実際の被害者は今でも困り果てているはずなので、世論の意識も弱者へ向いてくれるといいな、なんて思います。 そこで、マンションの専門家である、関根義光さんにローン利用時の注意点などを伺いました。




住宅ローン減税の注意点


関根義光さんによると、ポイントは所得税控除による住宅ローンの減税制度。 この制度を有効にを使うためには、一定の条件が決まっています。住宅ローンの負担を少しでも軽くするために住宅ローン減税の制度はぜひ活用したいものです。気をつけたいことは、何があるのでしょうか?


住宅ローン減税を受ける場合の条件に登記面積が50㎡以上かつ2分の1以上が居住用であることというものがあります。マンションを買おうと思っているならば、気をつける必要があります。マンションの広告に載っている広さは、壁の中心から広さを測る壁芯面積ばかりですが、壁の内側から計測する方法では広さとして出てくる数字が変わります。


もしも住宅ローン減税を利用したい場合は、壁の内側を計測した時の面積が50㎡メートルはある物件を購入しているかどうかを確認してください。面積の条件はあくまでも購入する建物全体の面積を指しています。


夫婦共同の名義で住居を購入した場合、購入面積は妻と夫で半分ずつになるといる特長があるといいます。場合によっては住宅ローン減税の条件を満たさなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。家と建物を個別に買ったという時も注意すべきことがあります


。住宅ローンの抵当に、その土地や建物を入れることや、土地購入後2年以内に家を建てることなど、住宅ローン減税を活用するには様々な条件が設定されていますので、気をつけましょう。


時間の都合もありますので、関根義光さんにはおおまかな住宅ローンの税金についてのお話を伺いました。 個々の事例や市町村によって受けられる補助金も変わりますので、ぜひお時間のあるときに確認されておくといいですよ。